ホーム > タグ > スウォッチ

スウォッチ

Freebies_シームレスな桜のパターンその2


Graphic style Library 桜


Continue reading

Freebies_シームレスな桜のパターン


Seamless Pattern & Swatch Library “Sakura”

Continue reading

Freebies_タータンチェック柄ボタン6色


Tartan Check Graphic Style Library & Pattern Swatch Library

Continue reading

Freebies_ピクセルの斜めストライプパターン

Freebies_Swatch Library pixel-by-picxel 45゜2px〜10px(no anti-aliasing) Stripe Pattern

Continue reading

Tips_パターンの基本

TIPSにするかチュートリアルにするか悩みますな。

スウォッチに登録できるのはベタ塗りとグラデーション以外にパターンもありますのです。
パターンというのは指定したオブジェクトの繰り返しで塗りを設定できるモノ。シームレス(継ぎ目なし)に作ればなかなか美しい効果ができますし、単純な図形でも使い様によってはいいのができます。
更に、パターンには画像も指定できたりするのです。
 パターンは長方形でしか指定できません。洗面所に貼ってあるタイルなんかと一緒ですな。イマドキタイル張りの洗面所は少ないですかそうですか。

パターンを設定する場合、オブジェクトの一番下に塗りも線もなしの四角形を配置すると、それがタイルのワクになります。

オブジェクトを描いて、四角最背面に配置したら、スウォッチパレットに直接ドラッグすればパターンとして登録されます。
 

パターンで塗りを適用すると↑こんな感じ。 ね、簡単でしょ? 

Tips_スウォッチに登録する / スウォッチライブラリの保存と読み込み

スウォッチに登録できるのはカラー、グラデーション、パターンの3種類です。
登録するにはスウォッチパレットにドラッグ&ドロップすればおっけー。

カラーを登録する場合はカラーパレットから直接ドラッグ。
グラデーションを登録する時は決定済みのカラーパレットか、グラデーションパレットから直接ドラッグしてやってください。

パターンはちょっと複雑なのでまた別エントリでやろうと思うんですが。とりあえずオブジェクトを直接スウォッチパレットにドラッグすればパターンができます。

登録したスウォッチはファイルに保存されているので、新規書類を開くとデフォルトに戻ってます。
オリジナルなスウォッチを使い回す場合は書き出しをして読み込みましょう。

スウォッチパレットの右上の矢印メニューからスウォッチライブラリを保存で任意の場所に保存してください。 

書き出した.aiファイルをアプリケーション本体フォルダ(Macなら「アプリケーション」WINだと「¥Program Files¥Adobe」)の中のイラレのフォルダの中にプリセット、その中にスウォッチというフォルダがあるので、そこに放り込んでおけば、メニューバーの「ウィンドウ>スウォッチライブラリ」から直接読み込めます。

プリセットに入れない場合は、スウォッチパレットの右上の矢印メニューから「スウォッチライブラリを開く>その他のライブラリ…」でファイルを指定すればOKです。

Home > Tags > スウォッチ

Search
Feeds
Meta

Return to page top